WEBサーバーのVPS選びには、スペックを重視しろ!

私はWEBサーバーのVPS選びには、スペックを重視して選ぶことをオススメする。
なぜならWEBサイトは、時間が経つにつれアクセス数が増え続け、要求されるスペックが高くなるからである。

一般的にWEBサーバーは、アクセス数によって必要なサーバースペックが決定する。
イギリスの天才ハッカーは言う。
「サイトの成長に伴って、サーバーも成長させなくてはいけない。これがアンバランスだと色んな問題が噴出する。人間で言えば精神と体の関係さ」

例えば、膨大なアクセス数があるサイトの場合、昼間の閑散期はアクセスが処理できたとしても、夜のピーク時間帯になると、アクセスが処理しきれず、サーバーがパンクしてしまうことがよくある。
こうなると衰退の一途をたどっていく。

かつては日本で一大勢力を誇るあの画像投稿サイトも、サーバースペックの問題に悩まされ消えていった。
人間と同じように精神と体のアンバランスさは、異物として排除されていく運命なのだ。

だがアクセス数が増えたら「サーバーを増強すればいい」「サーバー移行すればいい」という話もある。
必要な時に、必要な量を供給すればいいというのだ。
これは確かに合理的な判断だと言える。

しかし、サーバーの増強や移行にはコストとリスクが付きまとう。

それゆえ、WEBサーバーのVPS選びには、スペックを重視して選ぶことをオススメしている。